復元できるデータ

hddの上に人形

データ復元に掛かる費用とは

データ復元というのは、破損してしまったデータや読み込みが不可能になったデータを取り出す行為をいいます。データ復元をすべき理由としては、記憶装置の障害であり、基本的にはこれらの障害に応じて対処することで、復元が可能です。 一般にデータ復元しなければならない状況として論理的な事情と物理的な事情があります。論理的というのは装置そのものは壊れていないものの不適切な操作によってデータを削除してしまった場合です。またウイルスなどによって消去されるといったこともあります。これらは論理的に削除されただけなので記憶装置には断片的に情報が残されているため、OSに搭載されているソフトや専用ソフトを使えば復元することが可能で、業者に依頼しても数万円程度で行ってくれます。一方で物理障害の場合には装置に異常があるため、修理を行う必要があり、データそのものの復元も難しいため、10万円以上の費用が掛かります。

復元するための方法について

データ復元を行う方法は、その障害によって対処するべき方法が異なってきます。もっとも軽度な誤ってデータを削除してしまった場合の復元では、OS付属のソフトや専用ソフトを使用することで容易に復元することが可能です。 一方で、記憶装置が論理障害を起こした場合には専用ソフトを使用する必要があります。もともと記憶装置の中でデータは断片的に保存されており、これらを読み出すためのインデックスがあり、多くの論理障害では、このインデックスが破損したことにより、必要とされるデータを読み出せない状態となっています。このため、インデックスを復元することでデータ復元が可能です。 対して物理障害では、機械そのものが壊れていることによって発生するため、部品の交換などを行う必要があります。