復旧する

手で持つスマホ

外付けhddの復旧サービス

外付けhddが壊れてパソコンが認識出来なくなる事があります。ケーブルの断絶が原因であれば大きな問題には発展しません。なぜならケーブルを交換するだけで認識出来るようになるからです。 問題は外付けhddの本体が故障した場合です。故障した修理品を直すのは修理業者の役目ですが、その時の対応は新品への交換のみになります。交換作業は他の部品であれば問題ありません。しかし記憶媒体が交換されるという事は、外付けhddに保存されていたデータも消えてしまうのです。 しかし最近では必ずしもデータを諦める必要がなくなりました。故障したhddを復旧する技術が確立されたのです。多額の費用は必要ですが成功率は高いと言われています。

データの復元ソフトについて

前述した問題はハードウェアが壊れた場合です。故障は物理的な破損だけでなく論理的な情報が失われた時にも発生します。例えばデータを保存している時に、外付けhddが認識されなくなると処理の途中でストップします。それが原因で外付けhddのデータが壊れる事があるのです。 仮に論理的な情報が問題の種であれば、業者に頼る必要はありません。市販されている復元ソフトを使えば復旧できます。外付けhddのデータ保存が行われる時、チェックポイントが設けられます。つまり処理の直前までバック出来るため、認識不良を起こした直前のデータに戻れるのです。 物理的な損傷と比べれば軽度のトラブルであるため、市販されている復元ソフトを安価で入手できます。